節分、2020年の恵方巻きの方角は?


出典:イラスト素材パラダイス

2020年の節分は、2月3日です。

コンビニなどで、正月早々から、恵方巻きののぼりをみかけ、「早い!もう恵方巻の予約??」と感じた方も多いのではないでしょうか?

さて、毎年この時期になると気になるのは、恵方巻きの方角です。

お子さんがいらっしゃる家庭だと、こういった行事もしっかり家族で楽しみたいですよね。


節分=恵方巻き


に変わりつつある筆者は、子供にうんちくを垂れたいがために、恵方巻きの方角はもちろん、節分や恵方巻きについて調べてみました。

スポンサードリンク

節分とは?

節分とは季節の節目をさします。

季節の節目とは「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいいます。

「季ける」ことも意味しているようです。

そのため、節分は本来は、年4回あるということになります。


ですが、江戸時代以降は、節分は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多くなりました。

太陰太陽暦(旧暦)では、立春に最も近い新月を元日とし、月(太陰)の満ち欠けを基準(月切)にした元日(旧正月)と、太陽黄経を基準(節切)にした立春は、ともに新年ととらえられていた。したがって、旧暦12月末日(大晦日)と立春前日の節分は、ともに年越しの日と意識されていたことになる。

引用:Wikipedia

旧暦では春から新しい年が始まったため、立春の前日の節分(2月3日頃)は、大晦日に相当する大事な日でした。そこで、立春の前日の節分が重要視され、節分というと、立春の前日の節分をさすようになったのです。

引用:私の根っこプロジェクト

節分は、年1回で2月3日に行われるものだと思い込んでいたので、本当は年に4回あるということは初めて知りました。

では、なぜ年4回も節分があるんでしょうか?

昔は、季節の分かれ目、特に年の分かれ目には邪気が入りやすいと考えられており、さまざまな邪気祓い行事が行われてきました。おなじみの豆まきも、新年を迎えるための邪気祓い行事です。

引用:私の根っこプロジェクト

年の分かれ目に邪気が入りやすいと考えられていたとは、そんなことみじんも考えたことがありませんでした。

邪気が入りやすいなら邪気払いをして季節の節目を迎えたいですよね。意外とこういった大事なことって引き継がれないものだと痛感しました。


筆者が幼いころは 節分=豆まき


だったので、「鬼は外、福は内」と言って豆を盛大にまいて年の数だけ豆を頬張っていたものです。

しかし、節分が年に4回あるのだから、今後は季節の節目ごとに大事に行っていきたいなと思ってしまいます。


さすがに、季節の節目ごとにしかも年に4回も豆まきをするのは、家庭や仕事で忙しいと年に4回もやるなんて難しいよ!
ってなりますが、感謝の気持ちを持って、ささやかだけど、こじんまりと大事な行事にして、子供達に引き継いでいきたいですね。

スポンサードリンク

 

恵方巻きとは?


出典:かわいいフリー素材集 いらすとや

恵方巻き(えほうまき)とは、節分に恵方を向いて無言で食すると縁起が良いとされる巻き寿司のこと。

引用:Wikipedia

恵方巻きという言葉自体よく耳にするようになったのはここ数年の印象です。

スーパーやコンビニなどでもこの時期は、恵方巻きの予約受付しているのをよく目にし、節分に食べる料理の一つとなりつつありますが、発祥はどこなのでしょうか?

調べていくと、「戦後の大阪」が発祥とされているようです。

ちなみに恵方巻の起源や発祥については諸説あるようで、信憑性は定かではないようです。


1970年代半ばに、海苔を使用する太巻きを「幸運巻ずし」として販促キャンペーンが展開。ですが、この時点では全国展開には至っていません。

1980年代中盤より「縁起巻」という名称で毎年キャンペーンを行い全国展開をしていましたが、このときもブームになることはなく。

コンビニ「セブンイレブン」が丸かぶり寿司に目を付け、1988年に「恵方巻」として全国展開したとされています。

2000年代には、各コンビニも取り入れていったようで、現在のように普及されています。

筆者は「恵方巻きという言葉自体よく耳にするようになったのはここ数年の印象」と思っていましたが、
調べた結果から、「2000年代」からとなると約20年前から「恵方巻き」という言葉を耳にしていたことになりますね。

記憶をたどってみても、約20年前から「恵方巻き」という言葉を耳にしてはいたのかはおぼろげなのでなんともいえません。汗

けれど、子供が生まれ、家族の行事の一つとして恵方巻を取り入れたのはいつなのかを考えると、やはり10年にも満たないのかな?とも思います。

ちなみに、恵方巻きが主流になる前は、主にちらし寿司でした!子育てしながら、簡単で家計を抑えるのには、ちらし寿司はかなり重宝していました。

今では、あまりがちなちらし寿司よりは、恵方巻きのほうが子供たちも食べきってくれるので、恵方巻を買うようになってしまいました。なので、ちらし寿司にはここ数年お目にかかれていません。笑

あんなにちらし寿司にお世話になったのになぁ。としみじみ思う今日この頃。。。

2020年の恵方巻きの方角は?どう決まるの?

毎年のように、恵方巻きの方角ってインターネットで調べています。


今年の恵方巻きの方角は「西南西やや西」だそうです。


ちなみに去年の方角はどこだっけ?や今年は○年前と一緒じゃん!と感じたことや気にしたことはありますか?

恵方巻きの方角は、その年によって全然違う方向だと思い込んでましたが、実はそうではないようです。


ここでも少し、恵方巻きの方角についても調べてみました。


恵方とは、その年の福徳を司る歳徳神(としとくじん。年神様の別称)のいらっしゃる方角をさしています。

ちなみに、歳徳神(としとくじん)とは、陰陽道でその年の福徳を司る神のことをさします。

・・・・いまいちピンとこないので、もう少し調べてみました。

その年の干支によって定められ、その年の一番良いとされる方角のことを「恵方」。

その年の福徳を司る「歳徳神(としとくじん)」とは、毎年、歳徳神様は変わるというニュアンスで受け取りそうですが、歳徳神様は同じ神様。
その年によって歳徳神様がおられる方角が変わるために、今年の歳徳神のいる方角は、2020年なので「西南西やや西」ということだそうです。

歳徳神様は、金運や幸福を司る神様でとても縁起の良い神様ですが、実は方角も決まっています。

「北北西」「東北東」「南南東」「西南西」の4つ。

  • 2019年は「東北東やや東」
  • 2020年は「西南西やや西」
  • 2021年は「南南東やや南」
  • 2022年は「北北西やや北」
  • 2023年は「南南東やや南」
  • 2024年は「東北東やや東」
  • 2025年は「西南西やや西」




となります。その年の方角を自分で調べられると便利なのかな?と思いましたが、なかなか奥が深く難しいなと感じました。


奥が深いなぁとは思いましたが、下記の図2つを参考にしていただければ、その年の恵方を調べることができると思います。




出典:Wikipedia

自分で調べられるようになるのもいいですが、一番簡単なのは、インターネットで検索すればすぐにわかるので、あんまり必要ないかもしれませんね。汗

参考にしていただければ幸いです。

スポンサードリンク

まとめ

2020年の恵方巻きを食べる方角について調べてみました。

今年は「西南西やや西

節分についてや恵方についても詳しく調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

今年の節分は、邪気払いを意識して恵方巻を頬張りたいです!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする