成人式の衣装代未払い増加。成人としての心構え

未来ある若者にとって、成人式といえば、一大イベント

華やかな衣装をまとい、二十歳になる喜びをみんなで分かち合う。

一生の思い出になると言っても過言ではないでしょうか。

 

しかし、毎年のように一部の人によってモラルを問われる報道を観て、心を痛めている人も多いと思います。

 

そんな喜ばしい一大イベントに、陰を落とすような報道がありました。

 

未払いの増加の報道、成人を迎える者のモラル低下…喜ばしい成人式にするためには、あらためて成人とはどのような儀式なのかを一緒に調べていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

成人式とは

そもそも成人式ってなんでしょう。

「20歳になったお祝い」だとは思いますが、改めて成人式とは何か調べてみました。

 

成人を祝う儀礼は古くからあり、男子には元服・褌祝(ふんどしいわい、へこいわい)、女子には裳着(もぎ)・結髪(けっぱつ)などがあった。

日本における今日の形態の成人式は、第二次世界大戦の敗戦間もない1946年(昭和21年)11月22日、埼玉県北足立郡蕨町(現:蕨市)において実施された「青年祭」がルーツとなっているのが定説。

敗戦により虚脱の状態にあった当時、「次代を担う青年達に明るい希望を持たせ励ますため」、当時の埼玉県蕨町青年団長が主唱者となり青年祭を企画。この「成年式」が全国に広まり現在の成人式となった。

「青年祭」に影響を受けた日本国政府は、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法により、「おとなになったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます」の趣旨のもと、翌1949年(昭和24年)から、1月15日を成人の日として制定した。その後、1998年(平成10年)の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)に伴って、2000年(平成12年)より、成人の日は1月第2月曜日へ移動している。

出典:ウィキペディア

 

「次世代を担う青年達に明るい希望を持たせ励ますため」

なんだかこの言葉は現代にもぴったりのような気がします。明るい希望を持てない若者が多い現代。私達、大人が若者に明るい希望を持たせることができるよう環境を作りあげ、支えていくべきだなと思いました。

 

そして、「おとなになったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます」

見方を変えると、すこし突き放しているような感じもしますが、成人したらいつまでも親に甘えるわけにはいきません。10代の頃とは違って色々と責任も増えていきます。仕事にしろ家庭にしろ。これから羽ばたこうとする若者を心より祝福するために成人式はあるんですね。

 

ちなみに、成人の日は1月15日じゃなかったっけ?と頭の隅っこで疑問に感じていたんですが、祝日法改正で2000年から、1月第2月曜日に変わっていたんですね。知らなかった…世の中の流れに無頓着でした。汗

 

調べていくうちに、わかったことがもう一つありました。

現在の成人式の参加対象は、前年の4月2日からその年の4月1日に成人する人を式典参加の対象にする、いわゆる学齢方式が定着しそれが新成人の定義とされています。

 

が、もともとの成人式の参加対象となる成人は、前年の「成人の日」の翌日からその年の「成人の日」までに誕生日を迎える人を祝う日だったそう。

 

年齢方式の場合、誕生日の遅い早生まれの人が他の参加者がほとんど見ず知らずの人になってしまったり、ハッピーマンデー制度によりその年の成人の日は19歳で翌年の成人の日は21歳というケースがある(1987年1月9日 ‐ 13日・1992年1月10日 ‐ 13日・1998年1月9日 ‐ 13日生まれの場合)ことにより学齢方式に変更された経緯がある

出典:ウィキペディア

 

考えてもみなかった、成人の日の対象者。単純に、学年ごとだと思っていました。以前は、前年の成人の日(1月15日)の翌日からその年の成人の日までに誕生日を迎える人が対象だったってことに驚きです。

 

以前の定義だと、単純に1月16日以降に誕生日を迎える人は、ひとつ下の学年と一緒に成人を迎えていたのかもしれないと思うと、1月15日までに誕生日を迎える人に対して置いてけぼりな感じもありますし、なんだか、ややこしい気もしますよね。そう考えると学齢方式に変わってよかったなと思いました。

 

勉学を共にした同学年の友と一緒に成人を迎えられるのは、喜びも大きいものです。

 

スポンサードリンク

 

未払いの報道

北九州市…貸衣装代が未払い…提訴…

 

今回の報道を観て、「ありえない、考えられないことだ」と思ったのが正直な感想です。

 

代理人の弁護士によりますと、運営会社は北九州市やその周辺に住む少なくとも30人に対し、未払いのレンタル衣装代を請求していて、その総額は約900万円にのぼります。

いずれも2018年と2017年の新成人で、中には140万円を支払わないままの人もいるということです。

北九州市の成人式はど派手な衣装で知られ、その多くが「みやび」を利用しています。

店側によりますと、未払いは6~7年前から少しずつ増えたということで、TNCの取材に対し「全てのお客様に、しっかりと大人として責任を持った行動をしてほしい」と話しています。

出典:総額900万円…北九州市のど派手成人式 衣装代の“未払い”相次ぐ 貸衣装店が訴え 福岡県

 

もちろん、成人としてきちんとされている方がほとんどだと思いますが、一部の方の行動によって、このような事態が起こるのはやるせない気持ちです。

 

 

昨年の「はれのひ (Hare no hi)」の突然の店舗閉鎖

振袖の販売・貸出を行う「はれのひ (Hare no hi)」が、昨年2018年1月8日に、ハレノヒが突然の閉店報道は記憶に新しいと思います。

 

混乱しながらも、衣装を提供してくれる方達のおかげで、無事成人式を受けられた方、衣装が間に合わずスーツで参加されたなど本当、様々な思いがあふれた昨年だと思います。

 

この一連があってというわけではありませんが、成人は一人で迎えるものではありません。この世に生を受けるときは一人で生まれるものはありません。すくすくと成長していく段階でも、親を含めまわりの人達のたくさんの愛情に見守られ成長していきます。

 

たくさんの愛情に見守られたからこそ、今の自分自身が存在していること。成人式も沢山の人の祝福の気持ちで行われています。

 

そう考えると自然と、成人を迎える者としてどう考え、どう行動すると良いのかがわかると思います。

 

もし、わからなくて大丈夫。遠慮なくまわりの大人(人生の先輩達)に聞いちゃいましょう。優しく教えてくれるはずです。

 

教える立場である先輩方も成人としての立ち振る舞いをしっかり教えてあげられるといいですね。

 

 

まとめ

成人式とは、「おとなになったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます」の趣旨のもと制定された。

 

成人式は、自分一人で迎えるものではない、色んな人に支えられ育てられて迎える成人式だと思います。

 

自分自身を育ててくれた方々、祝福してくれる方達に今一度、感謝し成人として新たな一歩を歩み、せっかくのおめでたい日に水をささないよう、しっかりと責任をもって行動してほしいと心から思います。

 

そして私たち大人も、彼らの人生の先輩として「次代を担う青年達に明るい希望を持たせ励ますため」の環境を作り、しっかりと彼らを支えていきたいですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする