雛祭り(ひな祭り)の意味や由来歴史とは?桃の節句と上巳節って?祝日でない理由

こんにちわ!sakumaです。

3月3日は、雛祭り(ひな祭り)ですね。女の子の節句と言われるひなまつりですが、意味や由来・歴史って何か知っていますか?

意外と知らない方多いのではないでしょうか?

意味や由来・歴史を調べていくと、桃の節句や上巳節(じょうしせつ)って言葉が出てきます。それは一体何なのか?
端午の節句は祝日なのに、どうして雛祭り(ひな祭り)は祝日にはならないのか?

調べてみたので、皆さん一緒にみていきましょう!
「3月3日はひな祭り!女の子の初節句には何を準備するの?どうお祝いするの?」
「ひな祭りを折り紙で作ろう!簡単!子どもと作る見た目も可愛い折り方を紹介」

スポンサードリンク

今さら聞けない雛祭り(ひな祭り)の意味って何?


雛祭り(ひなまつり)とは、女の子の健やかな成長を祈る行事です。

江戸時代までは、なんと現在でいう4月頃に行われていました。
今現在では、新暦の3月3日に行うことが一般的になっています。

東北や北陸など積雪や寒冷地などの一部地域では、旧暦3月3日もしくは新暦4月3日に祝う地域が今もあるようです。

昔は、暖かい4月が雛祭り(ひなまつり)だったんですね。
暖かい4月の雛祭り(ひなまつり)ってちょっと想像できないです。

雛祭り(ひなまつり)の由来は何?歴史ってあるの?


雛祭り(ひな祭り)はいつ頃から始まったのかは、歴史的にははっきりしていないようで、起源としては諸説あるようです。

一つは、平安時代の京都で、平安貴族の子女の雅(みやび)な遊びごととして行われていた。とする記録があり、小さな御所風の御殿をしつらえて飾っていたそうです。

初めは、儀式ではなく遊びだったということと雛祭り(ひなまつり)が「ひなあそび」とも呼ばれるのはここからきているよう。

現代でわかりやすくいうなら、シルバニアファミリーのセットやリカちゃん人形みたいなセットで、上品にままごとをしていた。そんなイメージなのかな?

一方で、同じく平安時代で川に紙で作った人形を流す「流し雛」があり、穢れを払うとして雛人形(ひなにんぎょう)は、「厄除けの守り雛」として祀られるようにもなった。

江戸時代には、人形として飾れることが全国に広がり、安土桃山時代の天正年間以降には、3月の節句に雛祭り(ひな祭り)が行われるようになったと推測されています。

色んな時代に渡って、雛祭り(ひなまつり)に変化していったんですね。

こうして調べてみると、なにやら難しすぎてほとんど頭に入らないかも。汗

あともう一つは、300年頃の古代中国で起こった「上巳節(じょうしせつ)」にさかのぼるようで、雛祭り(ひなまつり)は、もともとは女の子のお祭りではなく、春を寿ぎ(ことほぎ)、無病息災を願う厄払いの行事だったとも言われています。

こっちのほうがわかりやすい!あと色々合わさって今の雛祭り(ひなまつり)がある!という解釈でいいのかな?

スポンサードリンク

雛祭り(ひな祭り)のことを桃の節句っていうのはどうして?桃の節句ってなに?


なぜ雛祭り(ひなまつり)のことを、桃の節句とも言うのか?

桃の節句というと桃の花を連想しますよね。その桃の花が咲く時期が旧暦の3月3日なので「桃の節句」と呼ばれ、雛祭り(ひなまつり)のことを言います。

そして、なぜ桃の木かというと桃の木は「邪気を払う」神聖な木とされていることから、女の子の健やかな成長を祈るため穢れを払うという意味合いがあるんですね。

桃の節句はなんとなくわかっていたけど、桃の木が神聖な木とされていたのは初めて知りました!

雛祭り(ひな祭り)と上巳節(じょうしせつ)って関係ある?


「上巳節」の「上巳」とは旧暦3月の最初の巳の日をさします。

上巳のころは季節の変わり目で災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていて、古代中国では、この日に水辺で穢れを払う習慣がありました。

この習慣が日本に伝えられると、宮中行事として取り入れられました。
「上巳の祓い」として「曲水の宴」を催したり、禊(みそぎ)の神事と結びついて紙や草で作った人形(ひとがた)で自分の体をなでて穢れを移して、川や海へ流すようなった。
「流し雛」はこの名残とされています。

「上巳」は旧暦3月の最初の巳の日をさしていましたが、その後、行事の日付が変動しないよう、3月3日となったそう。

なので、「上巳」は五節句の一つとなり、旧暦の3月3日は桃の花が咲く季節のため、桃の節句とも呼ばれます。

あれ?ということは、上巳節と桃の節句と雛祭りって同じ意味ってことでいいのかな?

3月3日だけで3パターンの言い方があるなんて思いも寄らなかったです。
特に上巳節って言葉を今初めて知ったという方は結構多いんじゃないんでしょうか?

雛祭り(ひなまつり)はなんで祝日じゃないの?


江戸時代は、雛祭り(ひな祭り)も祝日だったそうです。

1873年の新暦採用の際に、祝日が廃止になってしまいました。

戦後になって、五節句のひとつとして雛祭り(ひなまつり)の祝日を新たに作ろうという動きもあったけど、最終的には全国的に温暖な時期である5月5日の端午の節句を祝日とする案が採用されてしまったそうです。

昔は今でいう4月に雛祭りしていたというのと、今は温暖化で雪が少ないこともあるけど、新暦の3月3日を昔にあてはめちゃうとめちゃくちゃ雪降ってるだろうし寒いだろうし今よりも防寒対策なんてほとんどないだろうしで、当時にしたら雛祭りどころではなかったのかもしれないですね。

あくまでも想像でしかないんですが…

スポンサードリンク

雛祭り(ひな祭り)のまとめ


雛祭り(ひなまつり)とは、女の子の健やかな成長を祈る行事で、江戸時代までは、現在でいう4月頃に行われていた。

歴史的にははっきりしていないらしく起源は諸説あり。
由来のひとつとして雛祭り(ひなまつり)は、もともとは無病息災を願う厄払いの行事だったとも言われている。

雛祭り(ひなまつり)=桃の節句=上巳節
どちらも3月3日をさします。なので、雛祭りと言われたり、桃の節句と言われたり、上巳節と言われたりします。

祝日について、江戸時代は祝日だったけど廃止された。全国的に暖かい時期の5月5日の端午の節句が祝日として採用されたので雛祭り(ひなまつり)は祝日にはならなかった。

「雛祭り(ひな祭り)の意味や由来歴史とは?桃の節句と上巳節って?祝日でない理由」についてどうでしたか?

参考になれば幸いです!

「3月3日はひな祭り!女の子の初節句には何を準備するの?どうお祝いするの?」
「ひな祭りを折り紙で作ろう!簡単!子どもと作る見た目も可愛い折り方を紹介」

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする